【SMO】イラスト投稿サイト(Pixiv等)の画像をIllustailとIFTTTを介してSNS(Twitter等)に拡散させる方法【絵師さん向け】

シェアする

本項ではSMOソーシャルメディア最適化)の観点から最も効率の良い画像の露出方法として、Twitterカードを使わないで簡単にイラスト投稿サイトPixivニコニコ静画TINAMI等)のページをSNSTwitter,Facebook,Tumblr)でシェアする方法を論じようと思います。

スポンサーリンク

Tumblrでアカウントを用意する

まず最初にTumblrタンブラーでイラストを宣伝するためのアカウントを用意します。

初めてTumblrを使う場合

アカウントを作成し終えたら、IFTTTの設定に移行してください。

既にTumblrにアカウントを持っている場合

ブログ設定でTwitterまたはFacebookと連携している場合は、後述するIFTTTを代わりに使用するので解除してください。これを解除しないと投稿がダブります。

専用のアカウントを用意する場合

例えばこちらのアカウントのように、既存のアカウントでTwitter等他のSNSと連携させたくない場合は新たにブログを作成します。

この場合の注意点は、既存のアカウントでブログの新規作成を行うのではなく、アカウントそのものを別個に取得してください。

その理由は後述するIllustailの設定方法で示します。

なお、このために用意したアカウントは後述するIFTTTIllustailでの設定が終了すれば手動で投稿する必要が全くなくなります。

IFTTTを介してSNSを連携させる

次にIFTTTイフトを介してTumblrとTwitter等他のSNSとを連携させます。

新規に専用のアカウントを用意する

既にIFTTTを利用している場合でも、新規に専用のアカウントを作ることをおすすめします。

チャンネル(Channels)をコネクト(Connect)する

アカウントを作成してログインしたら右上にある”Channels“を開き、Tumblr等のSNSアカウント(※)と接続します。

【こちらで確認している利用可能なSNS】

Tumblr

Twitter

Facebook

Facebook Pages

※現時点Google+への接続は未実装

レシピ(Recipes)を稼働させる(Turn Recipe on)

チャンネルの接続を終えたら、TumblrからTwitter等に自動投稿させるためのプログラムであるレシピ(Recipe)を用意します。

【こちらで用意したレシピ】

Tumblr→Twitter

Tumblr→Facebook

Tumblr→Facebook Pages

ここで必要になるレシピは、Tumblrに新規の画像投稿があった場合(New photo post on your Tumblr blog)に他のSNSにはどのような投稿を指示するのかという簡単なものであり、サイト内が全部英語で書かれているものの慣れれば参考書等を見なくても自作可能です。

なお、登録されたレシピが稼働しているかどうかは”My Recipes”から確認できます。

ユーザー名の変更・URLの自動短縮のすゝめ

レシピを登録したら最後に”Preferences“を確認してください。

新規登録後の初期設定では”Username”は登録したメールアドレスの一部を利用した文字列になっています。

セキュリティ上このままにしておくのは好ましくないので、これを任意の半角英数字の文字列に変更しておくことをおすすめします。

また、”URL shortening”のチェックボックスにチェックが入っている事を確認してください。これを外した場合、Tumblrへのリンクが途切れてしまいますので要注意。

任意:その他の設定

チャンネルの接続を設定・変更する度に、”Profile“には接続したSNSのプロフィールが引用されます。

IFTTTのアカウントでプロフィールを隠したい場合は、チャンネルの設定・変更後速やかに”Profile“にアクセスし、セレクトボックスで”None“を選択して”Update profile”を実行してください。

また、IFTTTには二段階認証(Two-step verification)が実装されているので”Google Authenticator”等を利用して不正アクセス対策を強化する事も可能です。

スマホにIllustailをインストールする

スマートフォン(iPhone,Androidに限る)にIllustailをインストールします。

iPhone版

iPhoneの場合、Illustailだけではpixivには対応できないのでPixitailを併せてダウンロードする必要があります。

ダウンロード

Illustail
Illustail
Pixitail
Pixitail

設定方法

Tumblrとの紐付け

起動したら最初の画面の左上にある『設定』をタップし、『画像の保存先』としてこれで使用するTumblrのアカウントを登録します。操作方法はIllustail・Pixitail共通ですが、操作は両方それぞれに実施する必要があります。

なおこの時に同一アカウントでブログを複数運用している場合、選択できるブログのアドレスは最初に作られたもののそれしか選択できません。(おそらくIllustailの不具合)

それ故に、上述でアカウントそのものを新規に取得するようにすすめました。

イラスト投稿サイトとの紐付け

Illustailの場合、起動したら最初の画面の右上にある『アカウント』→『アカウントを追加』の順にタップし、『サービス』から『TINAMI』または『ニコニコ静画』を選択した後にアカウント入力します。

Pixitailも操作方法は似通っていますが、もともとpixiv専用なのでサービスの選択画面がありません。

Android版

Androidの場合はAmazonアプリストアからのダウンロードできます。Google Playでは配信されていないので要注意です。なお、iOS版とは違ってこのアプリ一つでpixivにもアクセス可能なので、PixitailのAndroid版は存在しません。

ダウンロード

Illustailの操作方法はiPhone・Android共通で、アカウントの登録が完了すると、アプリの最初の画面からアカウント名義でのログインを経てイラストサイトへのアクセスが可能となります。

ログイン後、新着順やランキング順等で閲覧することが可能です。なおキーワード検索は画面をスクロールさせた一番下にあります。

Tumblrに投稿したい任意のイラストのページ(※)を開くと、画面下部に画像を保存する操作ための『下向き矢印が描かれたアイコン』があるのでそれをタップします。このアイコンはiPhone版では左下、Android版では下部中央にあります。

Tumblrを選択して『Tumblrへ投稿しました』の表示がなされれば投稿完了です。

なおPixitailの操作方法もIllustailとほぼ同じですが、相違点は『下向き矢印が描かれたアイコン』が最下部の中央より少し左側に位置している事です。

※イラストの下にタイトルとキャプションが併記されている画面

展示(デモンストレーション)

Illustailを用いたTumblrへの投稿とIFTTTのレシピが正常に行われれば、以下のようにTwitterやFacebookにも画像付き投稿が実行されます。

ただ注意点として、Tumblrに投稿してからTwitter等に反映されるまで少し時間が掛かるのでその点は気長に待ちましょう。

オリジナルの投稿先(pixiv)

Tumblr

http://kntkrsub.tumblr.com/post/139066259311/働く練習巡洋艦-by-蛇遣いお仕事募集中-pixiv-via-illustail

Twitter

Facebook

Facebook Page

応用編

Tumblrを全ての投稿イラストの広報拠点にする

Illustailによる手動操作こそ必要となるものの、この方法を用いればPixivニコニコ静画TINAMIに投稿した画像とページのリンクをTumblrに集約することができます。

それはすなわち、Tumblrのアカウントを宣伝するだけで日本で主要なイラスト投稿サイトである三者のアカウントも合わせて宣伝できることに繋がり、効率的にPixiv等へのアクセスを促して絵師各人の画力をアピールすることに貢献できるのではないかと考えます。

Tumblrのテーマを変更してギャラリーサイトにする

さて、Tumblrをイラストの広報拠点にするにしても、Tumblrの閲覧性が悪ければ折角の魅力的なイラストの評価も下がりかねませんので、併せてTumblrのカスタマイズについてもお話したいと思います。

Tumblrのテーマは初期設定だと文章主体のデザインであるため、そのままだと画像が縦一列に並んだ状態で表示されます。

そこでこれを画像主体のテーマに変更してギャラリーサイトに変えてみましょう。

無料で画像を主体にしたテーマは探せば幾らでもあるので、この際に各自で気に入ったテーマを見つけるのも宜しいかと思います。

ちなみにこちらではsanographixさんが提供している”Illustfolio3“を使用しました。

このIllustfolio3では画像は縦3列のタイル状に配置されます。

それに加えて無限スクロールも実装されておりますので、最新の画像から最古の画像までを連続して閲覧できる優れたイラストポートフォリオサイトへとデザインを一新してくれることでしょう。